オリエント貿易のサイト利用 使える!商品先物大辞典


オリエント貿易のサイト利用した先物取引の用語集
by orient-trade
カテゴリ
全体
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
http://blog.with2.net/link.php?428381

【難平】

損失を平均するという意から転じて、相場の上下に応じて売買の値段を平均して相場を仕掛ける平均売買方法のことをいいます。
当初から大量の玉を仕掛けずに、売りの場合には高値になるに従って売り玉を漸次増加して,
平均売買値段を引き上げ反落のときの利益を増大させる売買仕法です。

ある商品を1単位買付けた時、その値段が2,000円だったとしましょう。
その後その価格が1,000円にまで値下がりした場合にもう一度、
同じ単位で買付けを行うと当初の買付け代金の2,000円と再度の買付け代金の1,000円で合計3,000円のコストがかかったということです。
この2単位の買付け代金は合計3,000円となり、1単位あたりで考えると3,000円÷2口=1単位あたり1,500円の買付け代金となります。
当初の買付け1単位だけですと、値段が2,000円以上にならないと損計算のままですが難平買をすることで、
その平均コストを下げることとなり、1,500円以上に値上がりするだけで損計算を消すことが出来るのです。


買の場合は買難平 売りの場合は売り難平といいます。

(注意) この方法を行えば必ず利益が出るというものではなく、
更に相場が反対に進めば損勘定が増加することもありますので相場動向やそのタイミングにより適切な判断が必要だといえます。

先物ブログのご案内
◆目指せリアルトレーダー 商品先物マスターへの道
先物取引を基礎から学ぶ講義形式の新しい参考書
◆Bloggerヒロの先物ライフ
先物取引だけではなく、様々な観点から世の中を見たエッセー
◆アツとサクラのバーチャルトレード仁義なき戦い バーチャルトレードを用いて、男性と女性が激突!
[PR]
by orient-trade | 2007-01-19 21:06 | な行
<< 【内部要因】 【納会】 >>


最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧